Skip to main content

gender=とは

gender= とは

わたしたち gender= (ジェンダーイコール) は、ジェンダーロールによって固定化された価値観を見直し、性別に関わらず誰もが自立できる社会の実現を目指します。
そしてこれからの時代に合った新しい価値観のもと、男女が同等に活躍できる社会を目指し活動します。

設立のきっかけ

2016年4月、東京都北区の某保育園。
年長クラスになったばかりの子を持つ3人のママが父母会役員という任務を引き受けることになりました。3人は年齢も職業も全くバラバラでしたが、仕事と育児の両立に関して同じような疑問を抱いていました...

それは、働く女性の多くが出産を機に仕事をセーブせざるを得ないという現実。

母親になったら職業上の成功を諦め、育児や家事に重心を置かなければならないのは当たり前なのでしょうか?
時代はどんどん進んでいるのに、圧倒的に母親に負担の偏るケア責任の考え方だけは昔のまま。
次世代に同じ思いをさせたくない。確かな違和感を感じたわたしたちは立ち上がることを決意しました。

gender= の目指す社会

わたしたちは、これからの日本が「性別に関わらず自立できる社会」になることを目指します。

性別にかかわらず自立できる社会とは?

  • 仕事への関わり方が出産・育児によって影響を受けない社会
  • 家事・育児に対する関わり方が男女で同等になる社会

  • パートナー同士が対等な関係性を結び、それぞれが家族と十分に関わっていくと同時に経済的にも自立できる。
    そんな社会を目指し、gender=は幅広く活動をしていきます。

    活動内容

    調査

    ジェンダー形成や教育についての実情把握および国内外でジェンダーに関する意識調査を実施し、これからの時代に合った社会づくりの実現につなげます。

    教育

    子供達が多様な価値観を認められる大人に育つよう、講演活動等を実施します。


    啓蒙

    ジェンダー固定観念に捉われない生き方があることに誰もが気付けるよう、家庭や地域社会に対してジェンダー差別の解消に向けた意識改革の働きかけを行います。

    ロゴとテーマカラー

    gender=|ジェンダーイコール のテーマカラーは、赤と青の中間色の紫に。数ある紫色の種類から「虹彩」という意味を持つ「Iris」という色を選びました。

    ロゴの二重の半円はgender=|ジェンダーイコール の「=(イコール)」、「虹彩」、そして未来につなげる希望の虹を表します。中央の円は未来に迷いなくたどり着く瞳をイメージしています。

    ロゴとテーマカラーには、それぞれが持つ瞳の虹彩のように、自分自身にとってベストな未来を描けるようにと思いを込めています。

    活動実績

    2016年4月 東京都北区赤羽にて発足
    2016年10月 任意団体 gender=|ジェンダーイコール 設立、webサイトにて活動開始
    2017年8月 NPO法人 gender=|ジェンダーイコール 設立